インテーク面接とアセスメント面接それぞれにおける援助者の態度と達成すべきことについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,514
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    インテーク面接においては、援助関係の形成・情報収集・問題解決の3つを主な目的とし、クライエントが何に対して悩みや不安を抱いているかを把握・理解し、どうしたいのかを聞き出すとともに、クライエントの問題がその機関の目的・機能に適するかを判断することにある。そして最後にはその機関で援助を展開することを、クライエントが選択・自己決定できるよう促すこととなる。求めているサービスが当該機関に合わないと判断される場合は、合致する機関を紹介しその説明を丁寧に行うことが必要となる。
     特に援助関係の形成は、対人援助の成立に不可欠であり、援助関係を形成すること自体が問題解決に向けた取り組みとなる。よってインテーク面接においては、クライエントと

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     インテーク面接においては、援助関係の形成・情報収集・問題解決の3つを主な目的とし、クライエントが何に対して悩みや不安を抱いているかを把握・理解し、どうしたいのかを聞き出すとともに、クライエントの問題がその機関の目的・機能に適するかを判断することにある。そして最後にはその機関で援助を展開することを、クライエントが選択・自己決定できるよう促すこととなる。求めているサービスが当該機関に合わないと判断される場合は、合致する機関を紹介しその説明を丁寧に行うことが必要となる。  特に援助関係の形成は、対人援助の成立に不可欠であり、援助関係を形成すること自体が問題解決に向けた取り組みとなる。よってインテー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。