社会福祉援助技術の内容、性格、領域、機能とそれらが持つ統合的側面について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数486
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉援助技術は、支援を必要とする人に対して行う援助過程の方法であり、その構成は、①直接援助技術②間接援助技術③関連援助技術に大別することができる。 ①直接援助技術は「個別援助技術」と「集団援助技術」から構成されている。  個別援助技術は、問題を対症療法的に解決するだけでなく、パーソナリティの発達と促進および能力に応じた生活を目標に利用者へ働きかけることを第一とする。そして福祉サービスを提供しながら生活環境を改善し、個別的な問題の解決へと

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉援助技術は、支援を必要とする人に対して行う援助過程の方法であり、その構成は、①直接援助技術②間接援助技術③関連援助技術に大別することができる。 ①直接援助技術は「個別援助技術」と「集団援助技術」から構成されている。  個別援助技術は、問題を対症療法的に解決するだけでなく、パーソナリティの発達と促進および能力に応じた生活を目標に利用者へ働きかけることを第一とする。そして福祉サービスを提供しながら生活環境を改善し、個別的な問題の解決へと対人援助技術を中心に展開していく過程である。  集団援助技術は、少人数のグループメンバーによる話し合いを主な方法として参加者が交流し支援しあう相互作用を利用して、個人の成長や問題の解決を実現していくものである。メンバー間の相互作用を活用することで援助者との対面的関係では起こりえない問題解決の力動を生み出すと考えられている。 ②間接援助技術は、地域の利用者へのサービス提供が効率よく展開され、より質の高いサービスが提供できるように環境を整える役割を持っている。つまり社会福祉を運営する為にサービス資源や福祉制度を整備する技術であり、直接援助技術が有効に実..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。