改正介護保険制度のポイントを整理し、あなたが考える課題について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数723
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成18年の改正介護保険制度は、「制度の持続可能性」「明るく活力ある超高齢社会の構築」「社会保障の総合化」の3つの基本視点を踏まえて、具体的に5つの項目で制度改正が行われた。
    Ⅰ.改正内容について
    1.予防重視型システムへの転換  健康な高齢者が、出来る限り要支援・要介護状態にならないように、また急増した要支援者・要介護者が重度化しないよう新予防給付・地域支援事業の創設が行われた。新予防給付の創設によって「要支援2」が創設され「要支援1・2、要介護1~5」の7段階へと変更された。介護を要しない高齢者について、効果的な介護予防のサービスや要介護状態になった場合でも、自立した生活を継続出来るよう市町村が実施する

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     平成18年の改正介護保険制度は、「制度の持続可能性」「明るく活力ある超高齢社会の構築」「社会保障の総合化」の3つの基本視点を踏まえて、具体的に5つの項目で制度改正が行われた。 Ⅰ.改正内容について
    1.予防重視型システムへの転換  健康な高齢者が、出来る限り要支援・要介護状態にならないように、また急増した要支援者・要介護者が重度化しないよう新予防給付・地域支援事業の創設が行われた。新予防給付の創設によって「要支援2」が創設され「要支援1・2、要介護1~5」の7段階へと変更された。介護を要しない高齢者について、効果的な介護予防のサービスや要介護状態になった場合でも、自立した生活を継続出来るよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。