障害者福祉の基本理念について説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,833
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害者福祉の理念は、「ノーマライゼーション」の理念と、「リハビリテーション」の理念を基本理念とし、障害者の社会への「完全参加と平等」を実現することである。
     ノーマライゼーション思想は、デンマークで起きた知的障害者に関しての運動にはじまり、B・ミケルセンが制定した1959年法によって、知的障害者に障害のない人と同じ生活条件をつくり出すことと初めて定義付けられた。スウェーデンのニィリエも、障害者の日常生活の様式や条件を可能な限り普通の生活に近づける事と定義し、両者ともノーマルな生活環境の提供に重点を置き、社会的条件の改善に焦点をあてた。ヴォルフェンスベルガーは彼らの考えを発展させ、知的障害者を社会から価値を低められた人としてみなす社会意識のあり方を問題視し、いかにその価値を高めていき、社会の中で人としての役割を実現していくかという障害者の「社会的役割の実践」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     障害者福祉の理念は、「ノーマライゼーション」の理念と、「リハビリテーション」の理念を基本理念とし、障害者の社会への「完全参加と平等」を実現することである。
     ノーマライゼーション思想は、デンマークで起きた知的障害者に関しての運動にはじまり、B・ミケルセンが制定した1959年法によって、知的障害者に障害のない人と同じ生活条件をつくり出すことと初めて定義付けられた。スウェーデンのニィリエも、障害者の日常生活の様式や条件を可能な限り普通の生活に近づける事と定義し、両者ともノーマルな生活環境の提供に重点を置き、社会的条件の改善に焦点をあてた。ヴォルフェンスベルガーは彼らの考えを発展させ、知的障害者を社会から価値を低められた人としてみなす社会意識のあり方を問題視し、いかにその価値を高めていき、社会の中で人としての役割を実現していくかという障害者の「社会的役割の実践」という考えを重視した。
     ノーマライゼーションと共通した理念にIL思想がある。これは1970年代、アメリカで生まれた重度の肢体不自由者のIL運動から始まった。この運動は、1960年代の公民権運動から生まれたエンパワメントやノーマライ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。