「児童福祉の法体系と実地体制について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数189
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童福祉の法体系と実地体制について」
     わが国の児童福祉は、日本国憲法を基本として総合的・体系的に推進されている。児童福祉に直接関わる法律には、「児童福祉法」をはじめ、「児童扶養手当法」「特別児童扶養手当の支給に関する法律」「母子及び寡婦福祉法」「母子保健法」「児童手当法」があり「児童福祉六法」といわれている。児童福祉法は時代の担い手である児童一般の健全育成と福祉の積極的増進を基本精神とする、児童福祉に関する基本的法律である。 
     対象「児童」を原則として18歳に満たないものとして規定し、次のように区分している。
     乳児:満1歳に満たない者
     幼児:満1歳から、小学校就学の始期に達するまでの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。