「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数187
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ」
     コンピュータは電子計算機と訳され、決められた手順(プログラム)に従ってデーター処理をする機械のことである。そして、個人が利用することを目的として作られたコンピュータをパーソナルコンピュータ(パソコン)という。そして、現在のパーソナルコンピュータの性能は著しく向上し、業務用コンピュータの世界にもパーソナルコンピュータが浸透している。
     パソコン(パーソナルコンピュータ)で、できる事の一つにインターネットがある。インターネットとは、アメリカで1960年代末に軍事目的として作られたネットワーク(アーパネット)が、冷戦終了後、大学や研究機関に開放された。世界各国のネットワークと接続されて地球規模で普及したネットワークがインターネットである。現在では教育分野、公共サービス機関や一般企業、さらには個人へと利用者は広まっている。インターネットは全世界のコンピュータが通信を行うための仕組みとそれを利用したサービスのことであり、インターネットは「全世界につながったコンピュータのネットワーク」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。