周手術期の看護

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数10,720
ダウンロード数223
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    周手術期の看護
    周手術期看護とは・・・
     手術患者の入院から退院までの期間に、患者に提供される看護ケア
    周手術期看護の理念とは・・
    術前・術中・術後の全期間を通して手術患者に一貫した全人的看護ケアを提供すること
    周手術期看護の専門性
    患者意思決定への支援
    患者の権利の擁護者としての役割
    医療機器と患者との調和への対応
    治療の意味を保ちつつ最大限健康的な日常生活への援助
    人との連携
    急性期とは・・・    健康状態の急激な変化があり、生態がその反応に対応するためにさまざまな反応を    起こしている時期
    手術とは  麻酔を実施して病巣に直接メスを加えて、切除することから増設、再建、置換、移植など  を行う治療法
    !!手術を受ける患者の問題!!
    心理的危機(怖い、不安)
    生態浸襲による諸機能の低下(麻酔の影響、傷)
    身体的ストレス(麻酔、傷)
    基本的ニーズが満たされない(動けない→誰かにやってもらう)
    ボディイメージの変化(傷が残る、なくなる)
    家族への影響(経済的、役割的負担)
    インフォームドコンセント時の看護師の役割 医師の説明を患者が正しく理解するのを助けたり、患者が主体的に治療..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。