S0614理科概論_第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数151
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境生物発達人間影響自然変化現代植物温度

    代表キーワード

    理科概論S0614

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少する事について述べよ。
    地球上において陸上、土壌中、そして水中などのいずれにも同種または異種の生物が多く集まって生きている。そしてこれらの生物は親から子へ遺伝子DNAとともに受け継がれていく。その間、周囲をとりまいている色々な条件に支配され、その環境に適応したものが生き残る。
     生物が本来の姿、性質に基づきながら、その環境に調和して生活したり、種族を維持する状態を適応という。生物の適応能力は種によって異なるが、各々の条件に多くの種類の生物が生活しているのはその環境に適応する能力を持っているからである。環境の変化に適応しない場合は生き残ることはできない。それが生物の世界における実態である。そして、この環境条件によって生物の数は増加したり、また減少したりするわけである。
     環境が変化する要因としては、競争や食物連鎖といった生物間の関係性によるものや、温度や大気といった外的要因が挙げられる。以降では、生物の数の増減に影響する環境要因について述べる。
    生物の世界では、競争やなわばり、リーダー制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。