教育社会学_第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数99
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べて下さい。
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉と考えられる。つまり、当該社会の社会的・職業的地位を決める主たる基準のひとつとして学歴を重視するような社会である。学歴社会に対しては、古くから様々な批判がなされてきた。就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴による差別に対する批判はその代表的なものである。さらに入学試験に対する批判も多い。また、学校の管理・教育の在り方や学校外の教育産業に対する批判も数多く見られる。
    しばしば学歴社会は「実力社会・能力社会」と対比されて語られてきており、「実力社会・能力社会」の実現を阻害するものであるかのように語られることが多かった。「実力社会・能力社会」を実現する国として、欧米諸国、特にアメリカ合衆国が挙げられることが多かった。これらの諸国も過去の実績が重視されるといったような職業経歴社会・履歴書社会ともいうべき状況にある。職業経歴社会であることが、「実力社会・能力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。