S0534教育相談の研究__科目最終試験_全6題セット

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数280
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。
     カウンセリングには大きく分けて2つの種類があり1つは治療的カウンセリング、もう1つは発達援助的カウンセリングである。成人が対象となる一般カウンセリングはこの前者の治療的カウンセリングに相当し、学校カウンセリングは後者の発達援助的カウンセリングに属するものである。
     ここで、人間の心的構造と性格について述べる。私たちの心の中には三重の構造すなわち、超自我(理想の姿を求める心)、イド(快楽を求める心)、自我(自分の行動を決定する心)の3要素で構成される。乳児期から成人期までは、この3つのエネルギー源が発達段階にあり、各成長段階においてエネルギーのバランスが変化していく。そして成人期になると、この三重の構造のバランスは固定化することとなる。そのため、カウンセリング方法としては、乳児期から成人期にかけては、自我および超自我に働きかけることにより、イド・自我・超自我のバランスを修復し、あわせて精神の安定と人格の完成を促すことが目標となる。これが発達援助的カウンセリングである。一方、成人期では、イド・自我・超自我が固..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。