S0104教育方法学__科目最終試験_全6題セット

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数518
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題①我が国の子どもの学習意欲を高めるために,どのような授業作りをしたらよいかをテキストの内容をふまえながら述べよ。
    子供達の学習意欲を高めるために、授業においては多様な「わかる」体験を重ねながら学びを体験させることが大切である。「わかる」の質やレベルの多様性、わかるための方法を理解し、学ぶ目的や対象に即して学び方を変えていく工夫も必要である。そのためにも、できる限り一人ひとりの子供にスポットをあて、子供の学年段階、教科の特徴、単元内容、教職員の人数などを考慮しながら多種多様な学習指導法を導入していく必要がある。ティーム・ティーチング(T・T)や少人数授業、習熟度別学習、交換授業、教科担任制といった授業体系もその手段の1つである。T・Tでは、「つまづきやすい子供」に対して個別指導をすることが可能となり、少人数授業では個に応じた指導を充実させることができる。また習熟度別学習では、個々の子供の学習習熟度の違いに応じてクラス分けを行い、適切な指導を行うことが可能となる。交換授業、教科担任制では、教師の得意・不得意教科の調整が可能となり、より質の高い授業を提供することが可能となる。
     また、子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。