S0534教育相談の研究_合格済レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数304
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
    1.学校カウンセリングの意義
    今日、問題になっている不登校やいじめ、非行などは、非常にしんどい心理状態にあり、その状態は自分自身でもよく分からず、したがってどうやって抜け出したらいいかすら分からないまま、子供達は苦しんでいる。そのような子供達にかかわって援助するためには、すぐに教育の枠にのせようとせず、まずその前に教育の枠にのれるような心理状態を育み、育てていくということが基本的な姿勢と思われる。そこにはかなり深いレベルでの子供たちの理解とそれに基づいたかかわり、対応が必要となり、そこにおいて学校カウンセリングの理論や方法というものがかなり有効になると思われる。
     カウンセリングには大きく分けて2つの種類があり1つは治療的カウンセリング、もう1つは発達援助的カウンセリングである。成人が対象となる一般カウンセリングはこの前者の治療的カウンセリングに相当し、学校カウンセリングは後者の発達援助的カウンセリングに属するものである。
     ここで、人間の心的構造と性格について述べる。私たちの心の中には三重の構造すなわち、超自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。