S0536人権(同和)教育_合格済レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数222
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。
     1945年、太平洋戦争に敗れた日本はGHQの主導のもとに国家の建設に向けて歩みだし、1947年5月に「国民主権・平和主義・基本的人権の尊重」を三大原則とした日本国憲法が施行された。特に14条では「すべて国民は、法の下に平等であって、人種・信条・性別・社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と謳われた。この「社会的身分」という文言によって、政府は被差別部落の人々が差別されないという理念を明文化した。「同和教育」は、まさにこの理念の実践化といっても過言ではない。
    戦後の京都市における同和教育施策は、同和地区児童・生徒の長期欠席・不就学の取り組みに始まる。オールロマンス事件当時の長欠児童・生徒数は、小学校で京都市0.6%に対し同和地区6.5%、中学校では京都市2.8%に対し同和地区28.7%となり、どちらも京都市平均の10倍となっていた。それが長期欠席・不就学の取り組みによって、10年後の1962年度の長欠同和地区児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。