S0104教育方法学_第2設題 合格済レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数133
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。
     IEAは、世界の子供たちを対象に、数学(算数)と理科の教育調査を行っているが、1964年(第1回調査)、1981年(第2回調査、第1位)、1999年(第3回追調査、第5位)での調査結果をみると、相対的に数学・理科の学習到達度は低下している。また2002年12月に文科省から公表された「全国一斉学力テスト」の分析結果では、少なくとも算数・数学と社会で、子供たちの学力低下が確実に起こっていることを示している。藤沢市教育文化センターでは、市内の中学3年生を対象に学習意識調査を実施しているが、1965年度の調査結果では、「もっと勉強したい」が65%程度、「勉強はもうしたくない」が5%程度であったのに対し、2000年度では「もっと勉強したい」が25%程度、「勉強はもうしたくない」が30%程度であり、年々、学習意欲が減少している傾向がみてとれる。ベネッセ教育研究所が行って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。