2009年度 集中Ⅰ 社会福祉方法論1 得津慎子

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数401
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1.ソーシャル・ケースワークの展開過程について説明してください。
     ソーシャル・ケースワークは、何らかの問題を抱えるクライエントの存在から始まる。インテークにおいて、受容と共感によりラポールを築き、「誰が何に困っているのか」の明確化を図り、場合によってはリファーする。情報不足ならば、サービス利用者が今後に希望を持てるように働きかけ、アセスメントに繋げる。アセスメントでは更なる情報収集をし、ニードの明確化を図り、それに基づくプランニングにおいて、目標を設定し、計画を立てる。達成しやすい課題設定で小さな「成功」の繰返しにより、すすめていくことが有効である。またアセスメントもプランニングも利用者との..

    コメント1件

    social-help 販売
    2009年度 社会福祉方法論1のために書きました。批判していただけると嬉しいです。
    2009/05/21 12:04 (7年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。