2009年度 現代福祉社会論 レポ-ト

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数742
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    福祉社会の条件や基盤、原動力について説明しなさい。
      「福祉」=welfareは、well=良い、とfare=行く、暮らすが合わさったことばであり、「快い暮らし」という意味である。「快い暮らし」とは「人が幸福と感じることをその人自身が決定し、その人自身がそれを実践できる暮らし」と考えられる。これはその人が一人の人間として尊重されているということで、福祉社会の条件のひとつである。この条件は基本的人権の保障といわれており、このために必要なものを述べる。基本的人権は、大きく自由権と社会権に分けられる。自由権とは「自由に生きる権利」のことである。ただ、人の自由が他人の自由を奪うようでは他人の自由権を侵していることになるので、この権利はすべての人に保障されなければならい。そのため、私たちにお互いの自由を認めあう努力は欠かせない。また、自由権の保障は別名「国家からの自由」ともいわれる。これは過去人間が自由を支配層や権力との闘いの中で勝ち取ったことを意味しており、歴史的にみて自由の確保が無条件に可能ではないとわかる。したがって、私たちに自由権を発展させる主体的な努力も欠かせない。しかし、自由権を手..

    コメント1件

    social-help 販売
    佛教大学通信へ提出のため書きました。批判していただけると嬉しいです。
    2009/05/21 11:44 (7年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。