小さな角を持った鹿 會津八一試論 尾崎弘子

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数151
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    written by Hiroko OZAKI 評論・尾崎弘子             The deer who has a small corner       -A short essey about AIZU YAICHI  小さな角(つの)を持った鹿
                 ― 會津八一試論
    一 ホトトギス
     會津八一の文学者としての出発は、「ホトトギス」であり子規の写実であると言ってよいだろう。明治一四年、新潟の大きな家に生まれ育った八一の文学への関心は、市の助役を務めていた学問好きの叔父友次郎からの影響によるところが大きかったが、桂園風の旧派和歌や幼時より教えられた百人一首よりも、良寛や万葉集に親しみを覚え、傾倒してゆく。十八歳で句作を始め、十九歳で「ホトトギス」に入会、子規に会ったのは明治三二年に子規庵を訪ねた一度のみだが、以来、子規の信望者の一人として、活動を広げていくことになる。八一の創作は、同時に短歌へと向かい、明治三五年1月、この春に上京して東京専門学校(早稲田予科)に入学する直前には、 丘の上の梅折りかざしさにづらふ少女のともは若菜つみつつ
    人ごとのよごと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。