【経営管理論】経営管理論の変遷

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,981
ダウンロード数21
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●経営管理論の変遷についてさまざまな理論の必要性、他の理論との関連について言及しながら整理しなさい。さらに、経営戦略とはなにかについて組織能力の役割にも触れながら説明しなさい。
    まず科学的管理法に関して述べようと思う。科学的管理法を提唱したテイラーは、経営者が労働者に対して、1日の作業量を明確に示さず、成り行きで管理を行っていることが組織的怠業の原因であると考えた。そこでテイラーは、それまでの目分量による成り行き管理を廃止して、時間研究と動作研究により一日に行うべき適切な作業量である課業を科学的に設定し、これに基づいた課業管理を主張した。
    また、テイラーは課業管理の原則を4つにまとめ、高い賃金と低い労務費という、通常では両立しがたい2つの課題を実現する為の4つの管理原則を主張した。これにより、労働者に高い賃金を支払っても、安い製品ができる管理体制ができたのである。今日的観点から見ると、科学的管理法には次のような問題点が見つかる。まず1つ目には課業管理には労働者を機会と同一視し、労働者を指示により精密機械のように働く機会モデルとみて、思考する人間は管理者のみとして、労働者の人間的要素を考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。