【保険学】近代保険制度の成立

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数328
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【保険学】近代保険制度の成立において資本主義経済の発展がもたらした影響について考察した上で、現代社会における保険会社の位置づけを論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●【保険学】近代保険制度の成立において資本主義経済の発展がもたらした影響について考察した上で、現代社会における保険会社の位置づけを論述しなさい。
    1.近代的保険制度において資本主義の発展がもたらした影響
    近代的保険は、資本主義経済の進展とともに生成発展を遂げた。資本主義経済以前の封建社会においては、土地占有を前提とした共同体を基礎としていた。領主と農民は、身分的に支配従属関係に置かれていたが、生活保障システムとしては、相互依存関係にあったといえる。その最終的な生活の拠り所は、共同体に求めていた。その後に訪れる資本主義経済は、さらに、保険の発展への原動力となっていった。相互扶助機能をもつ伝統的な集団の解体と、工業化・都市化に伴う生活構造の変化が生活リスクの変化を引き起こす。
    近代保険が生まれたのは、16世紀後半以降の初期資本主義(商業資本主義)経済期に入ってからのことになる。重商主義により輸出が激励され、海上貿易が盛んになったことが、海上保険への関心を高める。航海技術が急速に発達し、海図の精密化船舶の安全化が進むにつれて、海上危険に対する合理的なリスク処理手段として海上保険の有効性が一段..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。