【商業学】取引の電子化の効率性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数161
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【商業学】取引の電子化の効率性を取引費用の削減の観点から説明し、また、取引の電子化は流通構造にどのような変化を生じさせたか、論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.無店舗型流通システム
    インターネットの普及にともない電子商取引が発展し始める。電子小売業とは、B2Cの領域での電子商取引である。それはインターネットのショッピングサイトを利用したショッピングに代表される。この意味で、電子小売業はネット通販とも呼ばれている。この呼称から明らかなように、電子小売業は何よりもまず、カタログ通販などと同じように無店舗型の流通システムである。
    流通システムとして、無店舗型販売はどの様な特徴を持っているのだろうか。
    店舗型流通では、商流、物流、情報流、資金流などの要素フローが小売店舗において結節点を作る。この為、店舗型流通のシステムは、店舗が宿命的に持っている制約を受ける。その営利経路は、店舗の市場範囲(商圏)の狭隘性の制約を強く受ける。一方で消費者から見ると、店舗が営業している時間中に店舗まで出向しなければ、店舗型流通システムを利用できない。
    無店舗型流通では、各要素フローは個々の消費者において、いつでも結節点を作ることができる。その結節点の形成は、時間と場所を問わない。言い換えれば、消費者はいつでもどこでも取引ができる。無店舗型流通の優位性は時間と空間の隔..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。