施設養護の機能と内容について述べよ 養護原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数338
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    施設養護の機能と内容について述べよ
     まず、家庭の機能について述べていく。家族と家庭という言葉がある。この言葉の違いとして家族は、両親や兄弟、親戚であり、家庭とは1つの家に住んでいる人たち(生活の場)といえることができる。
     家庭の機能にはいくつか挙げることができる。衣食住を行う生活の場である。帰る場所があるために人は、自分がその家庭に所属しているという安定と安心が得られる。また、家族がいることにより、コミュニケーションを図り、人間形成できる基礎的な場ともいえることができる。さらに人は動き通しでは体が追いつかないため、休息する場であり、ストレスなども解放できる場所ともいえることができる。
     この家庭の機能では、子どもを養育する場ということも大変重要な要素といえる。まず生命の維持にかかわる基本的欲求を満たす。そして、発達を援助し、人格形成に影響を与える信頼関係を築いていく。さらには、生活に必要な基本的技術の習得や文化の伝承を行っていく。基本的技術とは、トイレの仕方、はしの持ち方など生活に必要になってくる項 目である。文化の伝承とは、日本は古くから伝わる季節ごとのイベント(端午・桃の節句や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。