保健医療のサービスの変化と社会福祉士の役割について 保健医療サービス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,170
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保健医療のサービスの変化と社会福祉士の役割、保健医療サービスの連携の理論と実践について述べよ。
     保健医療サービスとは、医療サービス(medical service)と社会サービス(social service)から構成される。保健医療はヘルスケアの訳である。
     保健医療サービスの目標について、生命の尊重と個人の尊厳の保持、医療の担い手と医療を受ける者との信頼関係、医療を受ける者の心身の状況に応じて進めることが挙げられている。
     保健医療サービスが提供される場は多岐にわたり、医療提供施設に応じ効率的に提供されなければならない。そして医師主導の医療ではなく、患者自らが選択できる医療(パターナリズムからの脱却)ということが新しい保健サービス医療であるといえる。疾病構造が感染症から慢性疾患、高齢者医療に変化するとともに、保健サービスはキュアからケアへ転換されるのである。これは、これまでの治療偏重のサービス提供から在宅や生活を重視したサービスへの転換、再構成を意図したものである。
     そして、保健医療サービスの基本体系として1961年に国民皆保険制度が実現したことが我が国の保健医療サービスの特..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。