福祉計画と福祉行財政

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,260
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     福祉計画と福祉行財政について述べよ
     1福祉計画について
     (1)福祉計画
    計画とは、その対象とする領域における望ましい状態を構成し、目標を設定して、その目標達成に向かって現状を合目的的、科学的、体系的に変革していくための方針や指針、手順、方法、より広くは取組みなども含めた概念であるといえる。ここでいう計画とは政府や自治体などの組織体による社会福祉資源の確保・開発やより効果的・効率的なサービス基盤の構築などのための政策として作成される計画がある。社会的ニーズの測定や把握、社会サービス・社会資源の分布状況の分析や整備計画、社会的費用の分析やその調達、社会サービスの効果分析などが課題となっている。
     (2)福祉計画登場の背景
    福祉計画登場の理由として第一に社会福祉の領域の拡大、少子高齢化社会の到来とともにサービスの絶対量がかつての福祉三法段階から比較できないほどに増大しており、サービスや関連する諸資源を効率的に調達したり、提供したりする際に、社会福祉政策の計画化の技術が必要とされるようになったことがあげられる。第二は福祉行政の実施体制と連動して社会福祉協議会による社会福祉の開発が進んでお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。