ソーシャルワークの形成過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数6,834
ダウンロード数99
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワークの形成過程について述べよ
     ①ソーシャルワークの源流
     ソーシャルワークは主に慈善組織協会(COS)とセツルメントの2つによって始められたとしている。
     まず慈善組織協会について述べる。1860年代に、ロンドンでは相当数の慈善組織協会が
    あった。そのような状況の中、1869年に最初の慈善組織協会(以下COS)がロンドンに誕生した。COSは自由主義、個人主義をモットーに、社会改良を目的として活動していた。そして、その活動に「施しではなく友人を」というスローガンを掲げ「友愛訪問員」
    を任命したのである。この友愛訪問員は失業者、貧困者が多く在住していたロンドンのイーストエンド地域において、一軒一軒調査をし、友愛訪問活動を展開した。訪問員は調査結果をカードに記載し、COSに登録した。
    そしてこの報告を受け、各自前団体相互間での救済に関する連絡調整を行った。これらがCOSの具体的な活動である。COSはケースワークの実践に基づく理論と方法、技術を確立したのである。
     もう1つはセツルメントである。知識や財産をもつものがスラム街に入り込み、社会的に弱い立場にある人たち、生活に困窮し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。