『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。』

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数552
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。』
    ジョン・ロックは紳士教育論を唱えたイギリスの哲学者である。ロックは1632年サマセットシャーで生まれ、母親を早くに亡くし、女性からの感化をほとんど受けていない。ロックの幼児期、父親は厳格であったが、長ずるに従って穏やかな態度に変化していき、ロックに多くの自由を与えまるで友人として遇するようになり、教育に対してはきわめて熱心で深い注意と関心を払ったのである。このような父親の態度が、ロックの教育思想に深い影響を与えた。14歳でウェストミンスター・スクール入学し、20歳でオックスフォード大学に進んでいる。同大学で、当初は神学を学び、のちにギリシャ哲学をはじめデカルトの哲学も習得するようになり、医学や自然科学についても研究を行っていった。そして医学に関心を持ち、実証主義・経験主義の学問精神を学び取る。そして医師になるが、1683年政争に巻き込まれ、オランダへ亡命しアムステルダムに住む。1688年、英国で名誉革命が起き、四年女王メアリとイングランドへ帰国。「権利章典」の作成に協力する。1704年10月28日死去。
    ロ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。