保険総論分冊1 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,155
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保険総論(科目コード0825) 分冊1
    報告課題
    保険の仕組・構成と役割・効用について幅広く記述してください。
    参考文献
    『保険総論』根立昭治 (2011年4月1日 日本大学通信教育部 発行)
    保険制度は、多数の財産所有主体が集合して偶発的危険に大して財産の保障手段を確保することである。しかし、保険制度は、いずれの時代にも成立し、いかなる危険に対する財産の保証手段となる制度でもない。保険制度成立の条件には大きく分けて2つある。経済的前提条件と技術的制約条件である。
    1, 経済的前提条件
    (1) 保険制度が成立するには、貨幣経済の信用の発達が必要である。
    保険制度は、多数の財産所有主体の集合によって成立する制度であるから、古代社会や奴隷社会では存在しなかった。実際に保険制度が成立するのは貨幣経済の発達と、信用制度の発達が必要であった。商人が資本の貯蓄をより迅速かつ確実に行うためには社会秩序がととのい、企業の経営技術も発達して、長期の資本取引が安全に行われるようになると、多数の商人がある一人の商人を信用して彼らの醵金を託すことができて、保険制度が成立するようになった。
    (2) 加入者の醵金..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。