経済地理分冊2 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数528
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済地理(科目コード0973) 分冊2
    報告課題
    グローバル・ネットワーク社会における都市と農村の計画的共生について述べなさい。
    参考文献
    『経済地理』佐藤俊雄(2012年4月1日 日本大学通信教育部 発行)
    グローバル・ネットワーク社会の対象となる地域にはおそらく例外なく都市と農村が含まれる。一般に従来は、都市と農村は相対立するもの、つまり対局化してとらえること、あるいは業者を明確に区別して論じ、相いれないものとして捉えることが基本的な姿勢であった。しかし、両者が自然的に共存し、連帯し、そして共生することは極めて困難である。なぜなら、両者にはそれぞれ経済的市場原理がはたらき、互いに反発する力が発生する恐れがあるからである。したがって、困難ではあっても両者の共存や共生を、人々の英知を結集して計画的に想像し誘導する必要がある。
    グローバル・ネットワーク社会とは、生活者・消費者の生活意識、価値観、ライフスタイル、行動、および企業の活動やマネジメントなどがグローバル化し、また地域社会や地域行政の経営、文化、環境、およびこれらを結ぶ情報インフラストラクチャなどがグローバルに整備されて、各地域間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。