金融論 分冊1  合格レポート 2009 A

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数733
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経済企業需要銀行影響商品役割市場コスト中央銀行

    代表キーワード

    金融論

    資料紹介

    マネーの果たす役割としては通常、次の三つが指摘されている。
    1.いかなる財とも交換し得る媒体、交換手段の提供
    2.計算単位の提供
    3.マネーが価値保蔵に使いえるということ。
    以上のマネーの三つの役割のうち、第一と第三がマネーの本質に関わるものであり、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     マネーの果たす役割としては通常、次の三つが指摘されている。
    1.いかなる財とも交換し得る媒体、交換手段の提供
    2.計算単位の提供
    3.マネーが価値保蔵に使いえるということ。
    以上のマネーの三つの役割のうち、第一と第三がマネーの本質に関わるものであり、マネー需要関数の形にもそのことが反映される。
    マネーの利回りは低いのが普通であるのに、マネーはどのような理由で需要されるのか。人はなぜマネーを保有したがるのだろうか。
    それは、時間や労力を大幅に節約でき、浮いた時間を他の事に使えるからである。
    企業にしても、原材料の仕入れや製品の販売においてマネーの果たす役割はきわめて大きい。
    こう見てくると、個人や企業のマネーに対する需要には次の三つの特性がある事が判る。
    第一は、マネーは買い物や商取引を行うために必要なものである以上、買い物や取引の量が増えれば、用意するマネーの量も当然それに見合って増やさなければならない。
    第二に、マネー需要といっても、人々の関心があるのは、名目でいくら欲しいという金額ベースの話ではなく、どの商品を何個買えるのかという実質的な購買力である。
    した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。