税法 分冊1  合格レポート 2009 AB

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数667
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    税法学を端的に規定すれば、税法現象の科学、または租税の法的研究を行う学問といえよう。つまり税法学は法学の一分科である。しかし、税法学の特質は法学の一分科であると厳密には言いきれない状況が存在する。その特質は、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    税法学を端的に規定すれば、税法現象の科学、または租税の法的研究を行う学問といえよう。つまり税法学は法学の一分科である。しかし、税法学の特質は法学の一分科であると厳密には言いきれない状況が存在する。その特質は、租税現象は様々な社会現象と交錯しており、様々な学問が租税について研究し発言しうる点に存在するとみられる。租税については政治学からも、社会学からも、心理学からもアプローチしうる。ときに自然科学も看過しえない寄与をなしうる。
    このように考えてくると、直接間接多くの学問が租税問題と交渉を持ちうるのであるが、そのなかでももっぱら租税問題を研究する学問として三つの分野が考えられる。それは租税問題を専門的に研究しうる学問として最小限度三つの分野が存在するということである。
    一つは財政学からのアプローチである。財政学からのアプローチを特に「租税論」と呼ぶことがある。財政学は租税の立法過程に重要な影響を与える。かつては財政学が租税に関する学問として租税の立法過程を実質的に規定していたといってよいであろう。租税のあり方について一定の憲法規範を規定しているが、財政学の研究の成果がその国の税制と違憲状態..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。