商業政策 分冊2  合格レポート 2009 A

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数510
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    流通とは「生産から消費までの、モノ、サービス、アイディアそして情報の流れを伴う経済と経営の活動」と定義され、商品の生産と消費を結びつける経済活動である。
    流通には種々な機能(活動)があるが、基本的な機能としては、①人的な隔たりを克服する売買(交換)機能、②場所的な隔たりを克服する輸送機能、③時間的な隔たりを克服する保管機能の3つがある。これらのうち売買に伴う商品の取引の流れが商流(商的流通)、輸送や保管を通しての商品の移動の流れが物流(物的流通)とされている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     流通とは「生産から消費までの、モノ、サービス、アイディアそして情報の流れを伴う経済と経営の活動」と定義され、商品の生産と消費を結びつける経済活動である。
    流通には種々な機能(活動)があるが、基本的な機能としては、①人的な隔たりを克服する売買(交換)機能、②場所的な隔たりを克服する輸送機能、③時間的な隔たりを克服する保管機能の3つがある。これらのうち売買に伴う商品の取引の流れが商流(商的流通)、輸送や保管を通しての商品の移動の流れが物流(物的流通)とされている。最近では「商流」、「物流」と並んで商品にまつわる第3の流れである「情報流通」は、重要な役割を果たしている。
    物流と商流に関連する情報の流れを情報流通といい、効率的に流通活動を促進するための基盤となるものである。コンピューターにより、情報の収集と分析が迅速かつ多量に処理できるようになったことで、情報流通そのものも明確な流通の概念として成り立つようになった。言葉を代えれば、情報流通そのものが、価値を生むということである。
     情報流通の革新は放送と通信の境界をなくしたことにある。今日、デジタル技術の進展に伴い、放送と通信の融合が進み、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。