金融論 分冊2  合格レポート 2009 AB

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数835
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    金融政策とは、金融政策の経済を持続的に拡大させることを目的とした中央銀行が行う金融面からの経済政策のことで、財政政策とならぶ経済政策の柱である。物価や通貨価値の安定、さらに景気対策の一環として、金利か通貨供給量、その結果としての為替レートなどを操作の目標として金融引き締め、金融緩和を行う。
    金融政策に

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    金融政策とは、金融政策の経済を持続的に拡大させることを目的とした中央銀行が行う金融面からの経済政策のことで、財政政策とならぶ経済政策の柱である。物価や通貨価値の安定、さらに景気対策の一環として、金利か通貨供給量、その結果としての為替レートなどを操作の目標として金融引き締め、金融緩和を行う。
    金融政策には3つの代表的な手段がある。 ①金利政策(公定歩合政策) 日本銀行が公定歩合を上げ下げすることで行う金融政策です。 ②公開市場操作 日本銀行が民間金融機関に国債や手形を売買することで、市場に資金を供給(または吸収)し、通貨供給量の調節を行うこと。 ③支払準備率操作 日本銀行が支払準備率を上げ下げすることで、民間銀行が貸出しに回せるお金の量を調節すること。
    金融緩和を行った場合の金利と為替レートへの影響について考察する。
    まず、金利と為替レートは、どのように均衡するのか自国を日本、外国を米国として説明する。円金利を現在10%(年率)であると想定しよう。同様にドル金利の直物円ドル・レートは$1=¥100、1年後の予想直物円ドル・レートは$1=¥107とする。今、日本にある投資家がいて、手許に余..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。