消費者行政について 商品学  合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数414
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    消費者行政について述べます。
    1.消費者行政の必要性
    高度成長時代が進展し大量生産、大量販売、大量消費が定型化するに伴い、商品・サービスの欠陥やその取引上から生ずる消費者の被害は多発するようになり、その被害も軽微な物的損害から、生命身体を脅かす重大被害、また社会性のものまでさまざまに拡大してきた。企業と消費者とでは商品を見る目の基本の考え方において大きな違いがあり、双方の考えをできるだけ調整して統合したシステム、政策を実現し、消費者に適合した生産を、政府や地方公共団体により行うことが、豊かな社会に仲間入りした段階の国々の政府の新しい任務として必要であり、弱い消費者を保護し、援助して企業と対抗できる拮抗力をもつまでに組織化を促し自立させる事が重要である。これが消費者行政である。
    2.消費者行政の内容
    消費者行政は消費者保護と消費者教育の二つに大別され、消費者保護基本法によって定められている。商品や環境の安全性は企業の最も重大な社会的責任であり、とくにメーカーはその危険性を知ることができ、幅広い安全性を考慮した製品設計を行う必要である。そして、政府も専門的立場から人間への危害を監視・指導す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。