引当金 会計論  合格レポート A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数878
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     引当金について説明します。
    1.引当金の意義
    引当金は「適正な」期間損益計算の立場から発生主義に基づいて、各会計期間の費用と収益との対応という要請で計上される期間的な見積費用である。企業会計原則は注解18で引当金について、①将来における特定の費用または損失であること。②当期以前の事象に起因すること。③発生の可能性が高いこと④金額を合理的に見積もることができること。以上の要件を規定している。引当金の種類には、製品保証引当金、売上割戻引当金、返品調整引当金、工事補償引当金、賞与引当金、退職給与引当金、修繕引当金、特別修繕引当金、債務保証損失引当金、損害補償損失引当金、貸倒引当金などがあり、貸倒引当金のように資産からの控除を意味する「評価性引当金」と将来における特定の支出額を意味する「負債性引当金」がある。
    2.商法・会計原則の引当金
    (1)商法上の引当金
    条件付債務は負債とし、流動性負債、固定負債の部に計上する。条件付債務以外の引当金は引当金の部を設けて記載することができ、計上の目的を示す適当な名称を記載しなければならない。なお、引当金の部に記載しないものは商法の規定する引当金であること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。