会計原則 会計論 合格レポートA

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数403
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカおよび日本における会計原則生成の背景と「一般に認められた会計原則」について説明する。
    1. 「一般に認められた会計原則」(GAAP)
    GAAPは、財務諸表を作成する際のよりどころであり、基礎的なルールを提供する原則である。資産および負債として記帳されるべき経済的資源と債務の内容、記帳されるべきそれらの変動の内容、これらの変動の記帳時期、記帳された資産、負債ならびにそれらの変動の測定方法、公表されるべき情報の内容とその公表の方法、作成されるべき財務諸表の種類の諸点に関する、ある時点の一般的な合意を集大成したものである。
    2.米国における会計原則の生成
    米国における会計原則の発達は、GAAPの変遷といえ、企業・産業比較・分析を行う為に、会計報告様式が標準化され、次第に、認められた会計原則の設定という実質面での統一化が図られGAAPへと発展していく。1929年のアメリカ、ウォール街で発生した株式市場の大暴落により、証券法や証券取引法が法制化され、会計理論は、投資家保護を理念とする動態論思考に立ち形成され、そして、1973年の財務会計基準審議会(FASB)の創設までAAA(米国会計学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。