広告について マーケティング  合格レポート A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数371
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     広告について述べます。
    1.広告の役割
    広告は人間をめぐる環境の変化とともに変化し、日常生活の中でなくてはならないものになっている。消費者の購買欲を刺激するため様々な趣向をこらした広告は、生活に潤いを与え、商品やサービスの情報を、適時に適切な媒体により、最適に消費者に伝えるコミュニケーション手段であり、広告は生活程度と密接な関係をもち、経済的、社会的進歩に不可欠なものとなっている。
    広告は社会における情報伝達の一形態であるが、主に企業からの情報を多く含み、コミュニケーションをもって見込購買者を説得することが本質的要素である。しかし、商業ないしマーケティング目的を第一義としながらも、ソーシャル・アドバタイジングなどにみられる、社会福祉の増進も含み広く多目的な活動としてとらえることができる。
    2.広告の種類と使い方
    広告は消費者の立場からみて情報の媒体であり、販売者の立場からすると基本的には消費者が買うように仕向けて行く説得と勧誘の媒体である。広告の送り手の利害得失という観点からみると、商品広告、企業広告、ソーシャル・アドバタイジングに大別することができる。
    商品広告
    広告の大部分は、製..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。