児童心理学 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数90
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    児童心理学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「乳幼児の心理についてまとめよ。」
     従来、人間の赤ちゃんの能力は非常に低いものであるという考えが主流だった。
     しかし、最近の心理学において、赤ちゃんには豊かな学習能力や認知能力が備わっていることが分ってきた。赤ちゃんの学習能力は、受動的な行動によるものばかりでなく、自分から積極的に働きかけようとする能動的な能力も多く含んでいる。
     乳児期の一般的な特徴
     誕生から満1歳の誕生日を迎えるまでの0歳という時期は、胎児期を除けば一生の中で最も発達の著しい時期となる。人は人間の中で、1年間の間に大樹が3倍になったり、慎重1,5倍になったりする時期はその先二度とない。精神的な発達も身体的な成長と同じように、きゅうそくに発達を遂げていく。この最初の1年間で築かれる発達の基礎はその後の成長の土台となる。その為にも子に関わる大人は赤ん坊がすくすくと成長できるように安全な環境を提供することが求められる。なを、1歳半くらいまでを乳児期と呼ぶこともある。
     自分の生命を安全に維持したいという強い欲求を持って誕生する赤ちゃんは、誕生したとたんにこれまで母親の胎児では体験したことの無い様々な不快な経験に遭..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。