児童福祉論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数99
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    児童福祉論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「少子化の要因と児童に及ぼす影響について述べよ」
    1、少子化の現状
    我が国における急速な少子化の進展は、平均寿命の伸長による高齢者の増加とあいまって、我が国の人口構造にひずみを生じさせ、21世紀の国民生活に、深刻かつ多大な影響をもたらすことが心配されている。  しかしながら、私たちはともすれば高齢社会に対する対応にのみ目を奪われ、少子化という、社会の根幹を揺るがしかねない事態に対する国民の意識や社会の対応は、著しく遅れているといわざるをえない。少子化は、社会における様々なシステムや人々の価値観と深く関わっていて、この事態を克服するためには、長期的な展望に立った不断の努力の積重ねが不可欠で、極めて長い時間を要する。しかし、急速な少子化という現実を前にして、私たちに残された時間は極めて少ないと言える。  もとより、結婚や出産というものは個人の決定に基づくものではあるが、こうした事態に直面して、家庭や子育てに夢を持ち、かつ、次代の社会を担う子どもを安心して生み、育てることができる環境を整備し、子供が等しく心身ともに健やかに育ち、子どもを生み、育てる者が真に誇りと喜びを感じる事の出来る社会を実..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。