メチルオレンジの活性アルミナへの吸着

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数976
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「メチルオレンジの活性アルミナへの吸着」
    要旨
    吸着反応は我々の身近なところにも在る、浄水器の活性炭、脱湿剤のシリカゲル、防臭剤の活性炭。ここでは液固、活性アルミナ(Al2O3)へのメチルオレンジ(以下MO)の吸着量を測定し、ラングミュア定数から、アルミナの吸着点の数や吸着の強さを評価する、またこれは水とエタノール溶媒での比較もする。
     結果も含めると、MOの濃度の異なる溶液の入っている5つの三角フラスコを用意し、それぞれにほぼ同じ質量のアルミナ粉を加えて、2時間半、10分おきに攪拌しながら平衡に達するのを願って待つ。その間に検量線のグラフを作成するための、MOの初期濃度の吸光度を測り、グラフに描く。以降、このグラフから(吸光度を代入して)濃度を求めることになる。
     活性アルミナにメチルオレンジが吸着するため、反応が進めばMOの濃度が下がってくる。これは実験結果から確認できた。
     さらに吸着量Γも求める。これは式3-3からもとめる、さらに式3-4でラングミュア式にしたがっているかどうかを確認する。これはだいたい同じ数字がでてきた。
    図1-1 実験の様子
    目的
    活性アルミナ(Al2O3)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。