D-1電気伝導度滴定(電気伝導度の測定から酸・アルカリの中和を調べる)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,261
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1[目的]
    電気伝導度の測定から酸、アルカリの中和点を調べる。また中和滴定の結果と比べる。
    2[原理]1-1)
    電解質溶液に面積A cm2の電極(白金板)2枚をd cm の距離で平行に向かい合わせたとき、
    電極間の溶液の抵抗を R、電導度を K とすると、
    K=
    1
    R
    = k
    A
    d
    式(2.1)
    の関係がある。ここでkは導電率で、A=1cm 2、d=1cm のときの K である。単位は K は S、
    kはS/cmで表される。また電解質1g当量をvml に溶解したときの導電率がkであれば、
    k×vをΛ で表し、当量電導度と呼ぶ。Λは物質により固有な値をもつが、イオンの相互
    作用の結果、図 2.1(a)のように電解質濃度に依存し濃度ゼロ近づくと極限値Λ0 に達する。
    これを無限希釈における当量電導度といい、その電解質から生じる陽陰各イオン固有の導
    度を l+ , l- とすると、
    Λ = l+ + l− Λ
    0
    = l+
    0 + l−
    0 = F μk + μA 式(2.1)
    ここで、Fは電気量、μはイオンの移動度である。
    電導度滴定
    滴定反応の結果、難解離性、難..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。