C-2(メチルレッドの解離定数を吸光度測定により決定する。Beerの法則)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,214
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [目的]
    メチルレッドの解離定数を吸光度測定により決定する。
    [原理]
    Beerの法則 1-1)
    電磁波が試料中を通過するとき、特定の周波数の、または特定の周波数領域内の電磁波の
    うちのいくらかが吸収される。
    入射光ビームが試料中を通過するときのお強度の減少は、光路長、溶液中の吸収成分の
    濃度、および入射ビームの強度に比例すことが多い。モル吸光定数εを用いると次の式に
    なる。
    dI= -εCIdx 式(2.1)
    図(2・1)の試料の長さ l にわたって積分し、dI/I=d(lnI)を用いるとつぎのようになる。
    dI
    I
    I
    I0
    = d lnI = −ε
    I
    I0
    C dx
    I
    0 式(2.2)
    および、
    ln
    I
    I0
    = −εCl または I = I0e
    −εCl 式(2.3)
    l をm単位で、Cをmolm -3単位で表すと、式()からεはm2mol-1の単位をもつことが分かる。
    一般にεは振動数νに依存する。光のビームが試料中を通過するときには、ある振動数の
    ビームの強度が指数関数的に減少し、その減少量は濃度と、その振動数におけるモル吸光
    定数の値に依存する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。