A-1,2(水とトルエンの蒸気圧を測定する。実験によりΔHv, ΔSvを算出する)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数789
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1[目的]
    水とトルエンの蒸気圧の温度変化から蒸発のエンタルピー変化とエントロピー変化を求め
    る。
    2[原理]1-1)
    相平衡の圧力-温度依存性
    一つの相をα、他の相をβとする。二つの相が平衡であるので、G
    α= G
    β系の状態が無限小
    だけ変化し、かつ平衡が保たれているためには、次の式が成り立つはずである。
    dG
    α= dG
    β 式(2.1)
    個々の相の純粋な物質のモル自由エネルギーの圧力および温度依存性はつぎの式で表され
    る。
    dG = (
    ∂G
    ∂P
    )TdP+ (
    ∂G
    ∂T
    )PdT 式(2.2)
    さらに、それぞれの相に対してモル体積とモルエントロピーに関連する次の式が成り立つ。
    dG = V dp −S dT 式(2.3)
    この式を式(2.1)のモル自由エネルギーの変化の式に代入すると次式が得られる。
    V
    αdP−S
    αdT= V
    βdP−S
    βdT 式(2.4)
    dP
    dT
    =
    S
    β−S
    α
    V
    β−V
    α
    =
    ΔS
    ΔV
    式(2.5)
    ただし、Δは相転移に伴う変化量である。
    液-気および固-気平衡の条件
    式..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。