イオン分析1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数759
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
     金属イオンが各種の試薬に対してどのように振舞うかを調べる。
    原理
    参考書から画像が入手できた試薬には表の下に写真を貼り付けた、参考程度に見ていただきたい。
     以下は参考書より、この実験の予測である。
    実験1について
    沈殿(以下↓)
    (原理表1-1) 各試薬の色
    Ag+ Pb2+ Cu2+ Fe2+ Fe3+ Al3+ Zn2+ Ca2+ Ba2+ Na+ K+ Ni2+ 無色 無色 青色 淡緑色 黄褐色 無色 無色 無色 無色 無色 無色 緑色
    実験2について(原理表2-1) 塩酸を一滴加えた場合
    Ag+ Pb2+ Cu2+ Fe2+ Fe3+ Al3+ Zn2+ Ca2+ Ba2+ Na+ K+ Ni2+ 白↓ 白↓ 変なし 変なし 変なし 変なし 変なし 変なし 変なし 変なし 変なし 変なし AgCl(白↓)、PbCl2(白↓)、
    実験3について
    特に固有の色は無し(以下特に無)
    (原理表3-1) 炎色反応
    Ag+ Pb2+ Cu2+ Fe2+ Fe3+ Al3+ Zn2+ Ca2+ Ba2+ Na+ K+ Ni2+ 特に無 特に無 青緑 特に無 特に無 特に無 特に無..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。