社会心理学1社会的相互作用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数176
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会的相互作用について述べよ。」
     社会心理学とは、人が他者との関係の中で、態度や認知に表れる様々な特徴や行動を分析し、相互作用過程にどのような影響を及ぼすか、また社会的相互作用などについて科学的に研究する学問であり、社会学と心理学との境界領域に成立している研究分野である。時代の進展とともに、人間関係や人の社会的行動、あるいは社会現象などが急速に変化し、多様化してきたことから、さまざまな領域と学際性の強い社会心理研究の範囲は著しく拡大し、ますますその必要性が重視されるようになってきた。
    人と人、人と集団、人と社会などの関係をどう捉えるか、という社会心理学の方向性のすべてに共通するのが社会的相互作用である。人は社会的存在であり、人は社会との関わりなしに生きることはできない。例えば、人の他者に対するある働きかけに対して、他者は何らかの形で反応をするが、さらにその反応として人は自らの行為を変化させるという形で、他者も集団も社会も相互に影響を与えることになる。相互作用とはつまり、人々が状況に意味を持たせ、他者が意味しているものを解釈し、それに応じて反応することであるといえるだろう。これは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。