カウンセリングの基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数152
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代社会におけるカウンセリングの必要性について整理し、教師や保育士には何が必要かを述べよ」
    現代社会は、孤独の時代である。少子高齢化はますます加速している。戦後の高度経済成長のもと、地域コミュニティが解体した。しかし、バブル崩壊後経済は低迷し、現代人は孤独なまま大衆社会状況の中に投げ出され、生活の不安、競争の不安、孤立の不安等さまざまな不安にさらされている。そのような不安の中で、仕事や育児、友人関係などの人間関係や金銭的な問題を抱えた時、それを解決できる方法を模索する。カウンセリングとはそのような問題を抱えた人に対して専門的な知識と技術を持って行う相談援助活動である。
    カウンセリングは、アメリカで開発され、発達した学問であり、実践的で、心理学を下地とした専門分野であり、カウンセリングの目標は、心理的な問題や悩みについて専門的な援助をし、クライエントの成長を促すことである。言い換えればクライアント自身が行動や考え方を変容していく過程を援助していくことがカウンセリングである。つまり、基本的な考えとして問題解決の方法を教えることではなく、問題解決能力を育てることである。
    カウンセリングでの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。