発達心理学2発達病理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数244
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会環境と発達病理について述べよ。」しゃかいかんきょう
     人とは環境との相互作用によって生涯発達しながら生きているものである以上、人の発達段階を考えるとき、発達課題を達成するために、社会や人との関わりは大きい。特に子どもは、絶えず子どもを取り囲む環境から大きな影響を受けながら発達していく。例えば、家族、親族、友人、教師などの人的環境や家庭の経済状況、遊具、本、情報機器などの物的環境、そして、その子どもが育った地域風土といった文化的環境から大きな影響を受ける。児童期から青年期にかけての環境の中で学び取った学習内容や方法がその後の発達にも深く関わるものである。近年不登校、ひきこもり、少年非行などが増加傾向にあり、社会問題となっている。また、学級ではLDやADHD、アスペルガー症候群など、いわゆる発達障害の子どもも増加傾向にあり、学級運営を難しくしている。このように、社会環境、社会病理と密接に関係し、ある年齢段階にある者に対して社会が要求する常識的だと考えられる行動の枠組みから逸脱し、そのような行動特性が社会現象として認識される場合を発達病理という。
     不登校や引きこもり、少年非行やフ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。