精神障害者を対象とした集団援助技術について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数512
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神障害者を対象とした集団援助技術について述べよ」
     集団援助技術(ソーシャル・グループワーク)とは、「集団」を構成するメンバー同士の間に働く相互作用及びグループダイナミックスを活用して、個人の人間的な成長と問題解決、ニーズの充足を図る技術である。集団援助技術は、コノプカによると、「意図的なグループ経験を通じて個人の社会的に機能する力を高め、また個人、集団、地域社会の諸問題により効果的に対処しうるよう人々を援助する過程である。」と定義されている。
     精神障害者は、その発症が早い場合は社会経験に乏しく、また長期にわたる入院生活によって一般社会から切り離された結果、他者とのコミュニケーション能力も低くなり、一般社会に対する適応能力が低下している場合が多い。また精神障害者に対する社会の偏見は根強く、このような状況が疾病による障害の上に更に二次的な障害をもたらしている。精神障害者を対象とする集団援助技術は、疾病による障害だけでなく、彼らを苦しめている治療の副作用や社会的参加が制限されている状況にも目を向け、社会生活上の困難を引き起こしている構造を多角的に理解し、その困難を軽減し地域生活を続け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。