精神科リハビリテーションの構成について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数304
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神科リハビリテーションの構成について述べよ」
     精神科リハビリテーションは、精神病対策の三大要素として予防、治療と併せて重要である。精神科リハビリテーションの構成について対象、施設と専門職の役割の視点から述べる。
     1、精神科リハビリテーションの対象
     対象となるのは精神障害者である。精神保健福祉法第5条では精神障害者を「統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する者をいう」と定義している。この定義は疾病と障害を同一レベルで把握して精神医学の対象としてきたもので、長く医療優先の処遇がなされてきた原因でもある。多くの統合失調症患者が長期入院を余儀なくされ、また社会から精神病ということで差別や偏見を受け続けてきた。医療や向精神薬の進歩により、社会復帰が可能となった現在も根強い差別や偏見、周囲の無理解により、生活上の困難を抱えている。また現代社会は「ストレス社会」とも呼ばれ、様々な社会環境、生活環境により精神的ストレスを受けやすく、うつや依存症など様々な精神的な問題を抱える人が増加している。障害者基本法第2条では、「障害者とは、身体障害..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。