社会福祉援助の技術と課程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数660
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ」
    社会福祉援助活動とは、人権と社会正義を倫理基盤とし、人間の可能性を引き出し、より良い生き方をする事を支援するもので、人間とその人を取り巻く環境の間の相互作用に対して論理的に働きかけるものである。社会福祉援助技術とは、社会福祉援助活動の実践であり、人間福祉の実現のための方法である。
    社会福祉援助技術は大きく、利用者自身に対応する直接援助技術、直接援助技術がより有効に働くために地域環境を整備する間接援助技術、社会福祉援助技術がより有効に働くための組織や方法、隣接する分野の技術である関連援助技術に分けられる。直接援助技術は、個別援助技術と集団援助技術からなり、間接援助技術は、地域援助技術、社会福祉調査法、社会福祉運営管理、社会活動法、社会福祉計画法からなり、関連援助技術は、ソーシャルサポート・ネットワーク、ケアマネジメント、スーパービジョン、カウンセリング、コンサルテーションからなる。
    1、直接援助技術
    個別援助技術(ケースワーク)は個人、家族、関係者を対象に、利用者が援助者に個別に援助を受ける過程であり、基本となる援助技術である。
    ケースワー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。