日本国憲法 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数147
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    表現の自由について。
     日本の憲法第21条第1項は、表現の自由を保障している。憲法でいう「表現の自由」とは、基本的に国家権力の規制からの自由である。日本の憲法は精神の自由の肯認を基本原理とし、異なる観念・思想の共存を保障している。民主主義は本来、多様な意見の共存を認めるものであり、日本国憲法に基づく国家も、一元主義ではなく、思想的多元主義に立脚している。そして、多元主義の下では思想的寛容が強く求められる。このような寛容さは、何ら権力をもたない者に比べて、何らかの権力を担う者により強く要請されることである。  表現の自由に対して何らかの規制が行われるとした場合、その規制の当否をどのような基準で判..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。