教科教育法地理歴史 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数436
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地理Bの内容(3)の「ク、民族、領土問題の地域性」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp,12にある三つの社会科観・p.50にある、「北方領土は誰のもの?」の授業と関連させて説明しなさい。
    (はじめに)
     学習指導要領には、「ク、民族、領土問題の地域性」について、以下のような記述がある。引用すると、「人種・民族との関係、国境、領土問題の現状や動向を世界的な視野から地域性を踏まえて追究し、それらの問題の現れ方には地域による特殊性や地域を越えた類似性が見られることをとらえさせ、その解決には地域性を踏まえた国際協力が効果的であることなどについて考察させる。」である。この記述の要点は、①世界的な視野と地域性の対比について。②地域性を踏まえた国際協力の重要性である。
    そもそも、民族と領土問題は、現代社会においても、もっともセンシティブな問題である。現実に現在においても中国においては少数民族の権利を巡っての暴動がおきており、旧ソ連や東ヨーロッパでは引き続き民族と領土を巡って一触即発の状態がある。日本にとっても今日的な課題である。そうである限り、この問題を取り扱うとき、より慎重さが必要であるとと..

    コメント1件

    まあたろ 購入
    2ページ目ぐらいから第1設題と同じですよ?
    お金が関係してくるものなのでちゃんとしてください。
    2010/10/10 11:44 (6年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。